spoglish GYM Sports with English for kids 英語で教える運動塾

Home > スタッフブログ > spoglishが東京都町田市「放課後英語教室」の学習プログラムとして採用されました!

スタッフブログ

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

2021.06.17
spoglishが東京都町田市「放課後英語教室」の学習プログラムとして採用されました!
カテゴリー: スタッフブログ

令和3年6月17日
株式会社second place

spoglishが東京都町田市「放課後英語教室」の学習プログラムとして採用
玉川大学×FC町田ゼルビア×町田市教育委員会と教材を共同制作

 

株式会社second place(本社:東京都杉並区、代表取締役社長: 藤野素宏)は、玉川大学大学院の佐藤久美子名誉教授(所在地:東京都町田市、理事長: 小原芳明)、株式会社ゼルビア(本社:東京都町田市、代表取締役社長:大友健寿)、町田市が行う『えいごのまちだ~英語教育で選ばれるまちだを目指して~』の理念とその柱となる『放課後英語教室』の実施に共感し、町田市とともに共同制作した授業教材を、2021年6月より提供を開始致しました。
本教材を活用して、子どもたちが英語を学ぶ動機づけへと繋げるとともに、町田市ならではの英語教育の実現に向けて取り組んでいきます。

 

■町田市が行う「放課後英語教室」とは
『えいごのまちだ』を掲げ、英語教育で選ばれるまちだを目指し、英語教育を推進。『えいごのまちだ』事業において、その柱となる「放課後英語教室」が2016年度よりスタート。当初は3校、2017年度には7校と参加校を増やし、2020年度からは市内すべての42校が参加。
放課後に自分たちの小学校に残り、英語のプロたちが講師となり、グローバル社会を将来担う子どもたちを育成しよう!という目的のもとに、2年生から5年生、およそ2500名の子どもたちが参加。
(町田市教育委員会 学校教育部指導課 https://kosodate-machida.tokyo.jp/nenrei/sho_chu/torikumi/6584.html

 

■共同学習教材の特徴
FC町田ゼルビアのTOPチーム選手が英語で話す自己紹介動画をはじめ、“運動型”英語学習プログラム【spoglish】の運動を通じて英語を自然に聞き取る力を養うトレーニング指導法、実際に体を使ったり発話して、自然な英語のアウトプットを目指すShow&Tell指導法を実践します。授業で使用するスライド内には、TOPチーム選手やマスコットキャラクターのゼルビーが登場し、この教材学習の利用をパッケージとしたレッスンを英語の専門講師が行います。
これまで以上に楽しい、実践的な英語学習を目指し、グローバルな社会で活躍する児童の育成を目指します。
※2021年6月より、町田市内全42の小学校で行われる放課後英語教室の4年生・5年生教材として導入されております。

 

■共同制作者コメント
株式会社second place 代表取締役 藤野素宏
スポーツ(運動)を通じた英語学習は、子どもたちにとって意欲的且つ継続的に取り組みやすいと考えております。本活動が“世界への興味”を開くきっかけとなり、継続的な学習によって将来的に「町田から世界へ」羽ばたく子どもたちが1人でも多く誕生することを切に願っております。

 

玉川大学大学院教育学研究科《教職専攻》名誉教授 佐藤久美子教授
FC町田ゼルビア様からご協力のお申し出をいただいたとき、6年生の子どもたちのWhat do you want to be?―I want to be~.「将来何になりたい?―○○になりたい」という会話練習を思いだしました。男子の半分以上はI want to be a soccer player.と答えました。サッカー選手が英語を話す教材は、子どもたちの英語への期待をさらに湧き立てると思います。

 

株式会社ゼルビア様 代表取締役社長 大友健寿氏
この度は『えいごのまちだ~英語教育で選ばれるまちだを目指して~』という素晴らしい理念の活動に、FC町田ゼルビアも協力できるということで関係者の皆さまには深く感謝申し上げます。TOPチーム選手達も子どもたち、そして町田のために、プレー以外の部分でも恩返しを! という気持ちで参加させていただきました。継続的な活動として『えいごのまちだ』を盛り上げていくことができればと存じます。

 

町田市教育委員会
えいごのまちだ事業では、町田ならではの英語教育の取組をとおして、子どもたちが英語に慣れ親しみ、英語に触れることのできる環境を整え、英語によるコミュニケーションを積極的に図る態度やコミュニケーション能力の育成を目指しており、会話だけでなく、体全体を使ってコミュニケーションを行うことが有効であると考えております。
この度、4者で協力し、「小学校放課後英語教室」において、体を動かしながら自然に楽しく英語をインプットする“運動型”英語学習プログラム「spoglish(スポグリッシュ)」を導入することによって、英語の楽しさを味わい、児童の学習意欲が更に高まることを期待しております。

 

■プレスリリース
・PRTIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000100.000035503.html

・FC町田ゼルビア(クラブリリース)
https://www.zelvia.co.jp/news/news-171846/

・CNET Japan
https://japan.cnet.com/release/30559728/

 

<会社概要>
株式会社second place(セカンドプレイス)
「世界で戦える人を、日本から」を理念に、”運動型”英語学習プログラム「spoglish(スポグリッシュ)」を独自に考案。英語で教える運動塾「spoglish GYM」を運営。spoglishの普及を目指し、教材開発、オンラインレッスンやイベント、海外スポーツ留学支援など様々な教育事業を手がける。
代表者 :代表取締役 藤野 素宏
住所  :東京都杉並区永福3丁目57番19号 東都永福町ビル4階
設立  :2013年11月11日
WEB  :https://secondplace.co.jp/