spoglish GYM Sports with English for kids 英語で教える運動塾

Home > spoglishとは

spoglish(スポグリッシュ)とは 『spoglish』は株式会社second placeの登録商標です。(登録第5680167号)<br />
 About spoglish

運動センスと英語耳を相乗効果で育てるオリジナルプログラム

スポーツと英語は同時に学ぶことで相乗効果を発揮し、より能力を伸ばせると、私達は考えております。
子どもたちには学問としてだけではなく、スポーツを通じた自然な形でコミュニケーションとしての英語に触れることで、
より英語を好きになってもらえると信じております。

「spoglish」の狙い

英語

ヒヤリング能力の向上

幼少期に重要なことは正確な文法や単語を覚えることよりも、
耳を育てることだと私たちは考えております。
座学による英語学習とは異なり、
レッスン中のコーチの指示を意欲的に理解しようとすることで、
自然と英語を聞き取れるようになることを目指します。

尚、レッスン中の指示はすべて英語で行うことを目指しますが、
お子様の理解度に合わせて段階的にレベルを上げていきます。
必要に応じて日本語でのフォローも致しますので、
初めてのお子様でも安心して受講していただけます。

Coach's  Voice 幼少期に米国に住んでいた際、スポーツに打ち込んでいた私は、指導者の指示を意欲的に理解しようとしたり、仲間と積極的にコミュニケーションを取ろうとしたことで、英語を自然と且つ早く身に付けることができたと信じております。私が経験したこのスポーツを通じた自然な英語との出会いを、子どもたちに提供したいと考えております。spoglish GYM 代表  藤野 素宏

運動センス

①頭を使いながら動けること

単に動くのではなく、常に状況を把握し適切な判断をしながら
動けることを目指します。

②イメージ通りに体を動かせること

頭に思い描いたことと実際の体の動きを一致させられることを目指します。

Coach's  Voice 私とパートナーである佐藤健介はバスケットボール選手時代、常に

基本的なメニュー構成(1レッスン:50分)

MENU① あいさつ&ウォーミングアップ MENU② 個人で行うメニュー MENU③ ペアで行うメニュー MENU④ ゲームタイム MENU⑤ クールダウン&あいさつ

1レッスン:50分 基本的なメニュー構成 ① あいさつ&ウォーミングアップ ② 個人で行うメニュー ③ ペアで行うメニュー ④ ゲームタイム ⑤ クールダウン&あいさつ<br />
 spoglish GYM内の行動指針 ① 「人の話に耳を傾けよう」 ② 「落ち着いて考えよう」③ 「失敗を恐れず挑戦しよう」 ④ 「自分の言葉で語ろう」