Home > Q&A

Q&A

全般的なご質問
  • どのような服装で参加すれば良いでしょうか?
    動きやすい服装でご参加ください。

    安全上、金具がついているものなどはご遠慮いただいております。
    またお子様は裸足でご参加いただきますので上履きは不要です。

  • なぜ裸足でのレッスンなのですか?
    主な理由としては、足指を自由に動かせるようになるため、土踏まずの成長のため、そして足裏を刺激することで脳を活性化するためです。
  • 必要な持ち物はありますか?
    お飲み物と(必要に応じて)タオルをご持参ください。
  • 見学はできますか?
    はい。見学スペースにてゆっくりご見学いただくことが可能です。
  • 親子共に英語が話せませんが、大丈夫でしょうか?
    全く問題ございません。

    レッスン中は原則英語での指示となりますが、初めてのお子様に対しては慣れるまで日本語でフォローもさせていただきますのでご安心ください。尚、諸手続きや配布資料などはすべて日本語で書かれており、スタッフも基本的には保護者様とは日本語でお話させていただきますのでこちらもご安心ください。

  • うちの子どもは人見知りや場所見知りが激しいのですが、参加可能でしょうか?
    全く問題ございません。

    どのお子様も少しずつ環境に慣れるところから始めていきます。また最初から無理に参加させようとして運動や英語が嫌いになってしまっては元も子もありません。レッスンの様子を観察しながら徐々に施設やコーチ陣にも慣れてくれば自ずとお子様自ら意欲的に参加できるようになります。お子様の性格なども考慮させていただいた上でコーチ陣が丁寧に対応させていただきますのでどうぞご安心ください。

  • 衛生管理はどのようにされていますか?
    日々スタッフが丁寧に清掃、除菌作業を行っております。

    コートや見学スペースなどの施設面につきましては、清潔で心地よい空間を維持すべく毎日清掃を行い、レッスン時に使用する用具につきましても、毎日除菌を行っております。また、ご来店いただくすべての皆様にも、手の消毒や、(状況により)マスク着用などのご協力をお願いしております。

  • コーチの指示にきちんと従えない、ルールを守れない子どもがいる場合はどのように対処されますか?
    お子様の年齢や性格によって対応が異なりますが、過剰に叱るようなことは致しません。

    逆にコーチの指示通りに一生懸命取り組んでいるクラスメイトがコーチ陣に褒められている様子を見せることで、一生懸命取り組んだ方が楽しいことを徐々に理解させていきます。但し、クラスメイトの邪魔をしたり、レッスンの進行を妨げる様な場合は、一旦コートの外に出して客観的にレッスンを見せることでじっくり考える時間を与えます。必ず“気づき”が生まれます。

  • 家庭や仕事の事情で長期の休みを取りたい場合はどのような制度がありますか?
    休会制度がございます。

    1ヵ月以上レッスンを欠席される場合は、前月10日までに所定の休会届をご提出いただきます。尚、休会は1ヵ月単位とし、年間1回のみ利用が可能です。

  • 親子クラスと子どもクラスの違いは何ですか?
    親子クラスは親子でレッスンにご参加いただき、子どもクラスはお子様のみでご参加いただきます。

    また親子クラスは都度ご予約いただくゲスト制、子どもクラスは予めクラスをご選択いただく月謝制となります。詳しくは【クラス/料金/スケジュール】ページをご参照ください。

  • 飲み物は販売していますか?
    1本100円にてペットボトルのお水(500ml)を販売しております。
  • 食事は可能ですか?
    全面食事禁止とさせていただいております。

    お飲み物は飲んでいただいても構いません。

  • 入会に関する説明会や見学会はありますか?
    説明会は開催しておりません。

    また見学のみのご利用もスペースの問題やセキュリティの観点からお断りをさせていただいております。子どもクラスへのご入会をご検討されたい方は、是非一度体験レッスンをご受講いただけますようお願い致します。

  • いつから入会できますか?
    随時ご入会いただくことが可能です。

    定員状況など確認事項がございますので、詳細はお電話にてお問い合わせください。

  • 入会方法を教えてください。
    まずはお電話にてご連絡いただき、初回レッスン日をご決定いただきます。

    初回レッスン日に、受付カウンターにて入会手続きを致します。

  • 入会時には何が必要でしょうか?
    銀行口座情報がお分かりになるもの、およびお届印が必要です。

    初回レッスン日に、月謝等のお引き落としの手続きを致します。

  • 何か催し物等はありますか?
    通常のレッスンとは異なるイベント等を随時開催しております。

    また、ハロウィンやクリスマスの時期にはささやかながらお子様たちに喜んでいただけるサプライズをご用意しております。

プログラムについて
  • レッスン中はすべて英語で話すのでしょうか?
    はい。コーチはレッスン中、原則英語のみで指示を出します。

    但し、お子様に対して英語での会話を強要することは敢えて致しません。英語は勉強するものではなく、あくまでコミュニケーションツール(意思疎通をするための言語)であることを理解してもらうために、そのような方針を取らせていただいております。耳が慣れてくると、コーチが口にする英語のフレーズやリアクションを子どもたちも真似するようになります。お子様自身が自然な形で且つ自発的に英語を口にすることが大切であると私たちは考えております。

  • 周りの子よりも運動が苦手なようですが、レッスンについていけるでしょうか?
    全く問題ございません。

    クラスメイトとの競争ではなく、個々の“運動センス”を磨いていくことを目的としたメニューが中心ですのでご安心ください。敢えて競争をさせるメニューもありますが、勝ち負けではなく全力で一生懸命取り組むことが大切であることを伝えていきます。初めはうまく出来なくてもコーチ陣がしっかりとフォローしながら徐々に出来ることが増えていきますのでご安心ください。

  • spoglishの英語面における効果は何ですか?
    英語耳が育ちます。

    グローバル化が加速するこの時代においてもはやお子様の世代は英語学習は避けられません。お子様の今後の長い英語学習環境の中で、英語を意欲的且つ継続的に学んでいってもらうには最初の「出会い方」が肝心です。spoglishを通じて幼少期に英語耳(ヒヤリング能力)を育てることでお子様が英語に対する苦手意識を持たないようにすることが私たちの狙いです。

  • spoglishの運動面における効果は何ですか?
    頭を使いながらイメージ通りに体を動かせる“運動センス”が身に付きます。

    運動が得意になることで、お子様は自分に自信が持てるようになり、何事においても意欲的且つ積極的になります。

  • 跳び箱や鉄棒などの練習はしますか?
    敢えて致しません。

    spoglish GYMでは特定の技術を身に付けることよりも、頭を使いながらイメージ通りに体を動かせる“運動センス”を身に付けることを優先しております。“運動センス”がしっかりと身に付けば、跳び箱や鉄棒が上手に出来る土台が備わっていることになります。

  • サッカーや野球などのスポーツはしないのですか?
    投げる、蹴るなど多種多様な動作のトレーニングは行いますが、特定のスポーツ(競技)に偏ったメニューのみを行うことは敢えて致しません。

    神経回路は12歳までで確立されると医学的に言われており、幼少期に大切なことは、特定の競技の技術のみを身に付けることではなく、頭を使いながらイメージ通りに体を動かせる“運動センス”を身に付けることであると私たちは考えております。

親子クラスについて
  • 親子クラスの定員を教えてください。
    原則、12組とさせていただいております。

    またコーチにつきましては、原則として2名体制とさせていただいております。

  • どのように予約すれば良いのでしょうか?
    施設内に設置されている予約帳、またはお電話にてご予約いただくことが可能です。

    先着順となりますのでお早めにご予約ください。

  • 子どもが2人いますが、親子クラスに2人同時に参加させても良いのでしょうか?
    安全面を考慮し、お子様1名に対して保護者様1名のご参加をお願いしております。

    お子様2名でのご参加をご希望の場合は、保護者様(または代理の大人の方)2名でご参加いただけますようお願い致します。尚、未就学児のお子様のみでのご見学は、安全上ご遠慮いただいておりますので予めご了承ください。

子どもクラスについて
  • クラスの定員を教えてください。
    原則、各クラス12名とし、内10名分が会員様用、他2名分を主に振替や体験者用の枠として設けております。

    また、コーチにつきましては、原則として2名体制とさせていただいております。

  • 病気や急用で欠席する場合、振替は可能でしょうか?
    振替は可能です。

    原則として欠席日(振替元となる日)から前1ヵ月~後3ヵ月(計4ヵ月)以内の振替が可能となります。欠席される場合は、レッスン開始30分前までのご連絡をお願いしております。